主婦でも副業で収入が入ってくると、一定の条件を越えると、確定申告をする必要が出てきます。

税金が必要だったなんて、知らなかった…。そんななんてことは通用しません。

以前、チュートリアルの徳井さんが、脱税で問題になりましたね。

あの問題です。

そこでこの記事では、主婦が副業で稼いだお金って、いくらから確定申告をしなければいけないのか?また少額でも、確定申告をする方がいい理由について解説しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

主婦の副業と税金について

主婦の副業で気をつける税金について

主婦の副業で一体毎月どのぐらい稼ぐことができるのかは、どんなお仕事をするかによって異なります。

所得税がかからない年間103万円以内に抑えておきたい場合には、その金額を超えないように計算しながら毎月の収入をセーブしなければいけません。

しかし、真剣に副収入を得たいと考えている人なら、所得税や住民税がかかっても、それをカバーできるぐらいの収入につなげたいという人もたくさんいます。

主婦の副業は、あちこちから得ることができる収入の合計に対して税金がかかりますから、所得税がかかるラインとなる103万円、住民税がかかるラインとなる100万円、パートナーのお給料から配偶者控除ができなくなってしまう103万円、社会保険の扶養家族から外れてしまう130万円と言うラインはあらかじめ理解して、損得を考えながら収入を調整することが必要です。

目安としては、年収130万円以内で抑えるか、思い切って年収160万円以上でガンガン稼ぐか、という選択肢になるようです。

例えば委託販売で副業をする場合、どんな商品を販売するかによっても毎月どのぐらいの収入になるかは異なりますが、少なくても数万円の収入につながるお仕事が多いようです。

もちろん、もっとたくさん販売したり、代理店を自分で開拓すれば収入もアップするので、多い人なら毎月宝くじに当たったような金額を稼ぎ出す人もいるようです。

そこまで極端にならなくても、実際にコツコツ働くわけではない委託販売なら、主婦の副業にもピッタリなので、ぜひ挑戦してみる価値はありそうです。

確定申告が必要なケースとは

  1. 給与を1か所からもらっていて、それ以外の所得がある場合
  2. 給与を2か所以上からもらっている場合(アルバイトを掛け持ちしたり、本業の他に平日の夜からアルバイトをしたり、週末にアルバイトをしたりするなど)

そして、大切なポイントがこちらです。

給与所得以外の所得合計額が20万円を超える場合は確定申告が必要となります。

つまり、給与所得以外の所得合計が20万円を超える場合は、確定申告が必要となります。

 国税庁WEBサイト

副業の確定申告ってみんなしてるの?

実際に稼ぐ前に、確定申告のことを考えることができるのは、副業で利益が出せると確信できる未来が見えているからです。

本当にこのことは重要です。

稼げる副業はいくつもありますが、それがすべて自分に合っているとは限りません。

しかし税金のことを考えることができるのは、きっとこのビジネスが合っているからです。

このチャンスは必ず掴み取りましょう!

実際に副業されている主婦の方の多くは、とても固い管理をされています。

少額だからと、確定申告をしないのは法律違反です。

逆に、なぜ確定申告をしないか不思議なくらいです。

なぜなら、確定申告は税金を払うだけではなく、戻すことも可能なんですよね。

だって事業が赤字だったら、返してもらわないと。

この辺りの、税金についての話は、税理士免許がないといけないので、詳しく知りたい方は近くの税理士もしくはWEB上での相談サービスを利用して見ましょう。