お金と愛情を比べたことってありませんか?もし今も比べているなら、今すぐやめましょう!

愛や夢、やりがいを口癖に稼がないのは、美徳ではなく貧乏の始まりです。

本当に人生を変えたいなら稼げる考え方に変えなければいけません。

そこで、今回は、日頃の口癖や考え方でお金を稼ぐ方法について紹介しているので、今一度自分を見つめ直すきっかけにしてくださいね。

どうしてお金と愛情の2択でしか判断できないの?

お金持ちはお金も愛情も両方大切と考える

私が知る限り、お金と何かを比較して「どっちが大切?」と考えている人が本当に沢山います。

知らず知らずの内に、それが当たり前になってしまい、お金持ちから離れて行ってしまいます。

これはお金がない人の共通点です。
[box02 title=”よくあるお金がない人の考え方”]

  • お金と愛情どっちが大切?
  • お金と幸せとならどっちを取る?
  • お金と私のどっちが大切なの?
  • お金と健康のどっちが大切なの?

[/box02]

こんなセリフは、お金がない人の典型的な例です。

しかし実際にお金持ちの人はこんなことをいいます。

お金持ちの考え方

[jin-fusen3 text=”お金持ちの口癖”]

  • お金も愛情もどちらも大切です。
  • お金も幸せも両方大切です。
  • お金も友情もどっちも大切です。
  • お金も健康もどっちも大切です。

簡単に言うと、お金持ちになれる人は、欲張りです。どちらも大切なので、どちらも譲りません。

お金も大切、愛情も幸せも健康も大切。

だからお金を沢山稼いで、愛情たっぷり感じて、健康で幸せになろうとします。

給料が安くてもいいというのはお金がない人の考え方

給料が安くてもやりがいがある仕事は美しいし素晴らしい!聞くとどうも素敵な話に聞こえがちですが、この考え方を捨てなければ、いつまでたってもお金がない人から抜け出すことができません。

これはお金がない人の典型的な思考回路です。

ではお金持ちはやりがいのある仕事をしていないのかと言えば、そうではありません。

お金持ちは「やりがいのある仕事だからこそ大きなお金を貰える」と考えます。

だからこそ、お金も愛情も、幸せもやりがいも全てを手に入れる為に、必要な努力を惜しまないのです。

そもそもお金と何かを比べること自体がお金がない人の考え方です。

そもそもお金を何かと比べること自体間違っています。

人生には両方必要です。

もしあなたが、右手と左手どっちが大切と聞かれてたとしましょう!なんて答えますか?

両方ないと快適に生きていくとこは難しいでしょう。お金についても同じ事が言えます。

お金を求めない美学は即捨てましょう

日本には、お金と何かを比べる風習や、お金を求めない美学のようなものがあります。しかしそのような考え方は、すぐに自分の中から消し去ってください。

仕事のやりがいも、他人の為になる事も、誰かに喜んでもらえることもすべて共通しています。

やりがいがあるから、喜んでもらえるから給料が安くてもいいのではありません。まったく逆です。

やりがいがあるからこそ、たくさんのお金を稼ぐ活力になる。喜んでもらえるから沢山のお金が入ってくる。

これがお金を沢山稼げる為の第一歩です。

お金も愛情も、健康もやりがいも両方求めるのが、お金持ちになる第一歩です。

まとめ

いかがでしたか?今回は「お金と愛情を比べてはいけないって知ってた?お金がない人の特徴と言われる理由とは」について紹介しました。

何気なく、口にしたり考えたりすることが、今の資産に直結するって考えると、今すぐ改善したくなりますよね。

是非、今すぐお金持ち体質に変われるように、心がけてみましょう。