トマ・ピケティが発売した21世紀の資本という本が日本でベストセラーとなっています。

労働による賃金の伸びと言われる経済成長率よりも委託販売や投資などの資本成長率の伸びが大きいという明確なデータも出ています。

つまり労働やりも資産運用で稼ぐ方法がこれからの時代を生き抜く時代だとトマ・ピケティが断言しています。

女性の副業でピケティが唱える労働格差を防げる

トマ・ピケティの21世紀の資本という書籍が今、アマゾンや楽天BOOKなどで人気になっています。

2015年2月4日のニュースステーションで、フランスの経済学者トマ・ピケティが来日し、21世紀の資本について解説がありました。

この21世紀の資本とは、一体どんな本なのでしょうか?

簡単に言えば、今のまま考えを変えなければ、これからの世界はお金持ちはますますお金持ちになって、中流以下はますまう貧乏になるということに対しての注意喚起をしているということです。

このことはトマ・ピケティだけが言っているのではありません。以前より勝ち組・負け組という言葉に比喩されたように労働格差というものが存在しています。

私の父がよく、汗水たらして働いてお金を稼いで、いつかはクラウン!と言っていたことを懐かしく思います。

今ではそういったことはあまり聞かなくなりました。

それはなぜでしょうか?

それはその時代が過去のものであるからです。つまり今は、21世紀の資本という名の通り、今は21世紀だからです。

21世紀は汗水たらして働いても、裕福になれない時代

なぜ21世紀は、労働をしても裕福になることができないのでしょか?

それは日本が20年以上にわたり、経済成長率が低いことが原因です。

終戦直後の日本は、高度経済成長期と言われる通り、経済成長率がとても高かった為、労働することが一番の資産形成となっていました。

それは、経済成長率は言い方を変えれば、労働による賃金の伸びとして表すことができるからです。

だからこそいつかはクラウン!という合言葉の通り、高度経済成長期にあった方たちは、汗水たらして働くことが一番の資産を増やす方法につながりました。

資本成長率が高い時代の生き抜き方

トマ・ピケティが提案している通り、経済成長率(労働による賃金の伸び)<資本成長率(オンライン委託販売のようなと資産運用)となっている現在では、汗水たらして働くよりも、オンライン委託販売や株式投資など行って資本を成長させる方法が、労働による賃金の伸びよりも高いことが過去のデータにより明確になっています。

それは労働をしてはいけないということを言っているのではありません。

蓄積するのは、所得よりも資産ということです。

つまり労働による所得は、資産を作る為の軍資金として稼ぎ、そのお金で資産運用をし、着実に資産を増やすことが大切になってきます。

お金持ちになる為のコツは、小さな一歩をコツコツと

資産運用というとお金持ちがするものという認識がなかなか取れない為、お金持ちだけがお金持ちになって、労働格差が増えていきます。

しかしお金持ちも最初からお金持ちだったということはありません。

しかしチャンスを的確に分析し、掴んできた積み重ねがお金持ちという結果になっているだけです。

トマ・ピケティが断言しているとおり、蓄積するのは所得よりも資産です。

せっかく私のブログを読んで頂いているならば、是非、少ない資金で始められるオンライン委託販売で一緒に資産を増やしていきませんか?

今と同じように、労働にだけでは経済格差が広がるばかりです。これほど物が有り余っている日本において、今後高度経済成長があると思いますか?

答えは明確です。

  • お金持ちになりたい!
  • 将来をゆとりを持って暮らしたい
  • 勝ち組になりたい
  • 旦那をもっと楽にさせたい
  • 両親を老人ホームに入れてあげたい
  • 子供に辛い思いをさせたくない
  • マイホームを購入したい

人それぞれ夢は違います。

しかしこれからこういった夢をかなえる方は、労働ではなく資産を増やす方法を知っている、もしくは身につけている方しか叶えることができない時代になります。

それがトマ・ピケティが提唱した21世紀の資本の真実です。

しかし御安心ください。

主婦が安全に稼げる副業のオンライン委託販売は、お金が複利で増える仕組みを簡単につくることができる画期的な副業ビジネスモデルです。

[jin-iconbox01]この委託販売は終了しております。[/jin-iconbox01]

反対に、21世紀にもっとも利益を上げることができるのが、資本成長率です。